カードローンの最大の返済期間は?

カードローンの返済期間は、あらかじめ規約で定まっています。消費者金融業者は5年、銀行は1年、信販系は3年に設定されていることが多いですが、あくまでも傾向であるため、個別のカードローンを提供している会社によって異なるため、きちんと事前に確認しておきましょう。この期間があるため、それ以内に返済を終わらせなくてはならないのか木になる人も多いですが、その点は心配はいりません。基本的にカードローン 選び方の契約は、自動更新されるのが原則となっています。つまり、それまできちんと返済をしているのであれば、特に契約更新を拒絶されるということはありません。したがって、期限に債務が残っていれば一括で返さなくてはならないわけではないのです。
ただし、途上与信の結果によっては、新たな借り入れができないようになる可能性もあります。つまり、他社利用状況が多く、返済の余力がないと判断されれば、更新は拒絶されてしまいます。その場合でも心配はいりません。なぜなら、確かに追加の借り入れはできなくなりますが、一括で返すように求められるわけではないからです。以後は、お金を今まで通り返していけば良いのです。
注意が必要なのは、契約期間途中で契約を解除されてしまった場合です。これは、長い間お金を支払わない事情があるときなどに行われますが、そうすると残債務は一度に返すように要求されてしまいます。もちろん、きちんと返していればそのような心配をする必要はないため、お金の支払いはきちんとこなっておきましょう。